Amazon Pay
10/4 11:00-
H-1

Amazon Payで「ふるさと納税」はどう変わる~ふるさとチョイスの課題とマーケティング戦略~

ECサイトの決済から、実店舗での決済にも利用が広がるAmazon Pay。今年、トラストバンクが運営するふるさと納税総合サイト「ふるさとチョイス」での導入もスタートします。ステージでは、Amazon Payの日本での利用状況についてアマゾンジャパンの井野川氏が解説、今回のAmazon Pay導入によって「ふるさとチョイス」のマーケティング施策がどう変化するのかについて、トラストバンクの武内氏に語っていただきます。また、自治体の担当者にも登壇いただき、今後の期待を語っていただきます。ステージの最後には特別ゲストがあるかも??

スピーカー

井野川 拓也
アマゾンジャパン合同会社
Amazon Pay事業本部 事業部長
2010年1月より2015年10月まで、アマゾンジャパン セラーサービス事業本部 事業開発部
部長として、セラービジネスの事業企画、マーケティング、出品事業者向けの広告事業、事業者向けのID決済ビジネスなどを担当。
2015年11月よりAmazon Pay事業の日本に於ける責任者となり、現在に至る。
武内 一矢
株式会社トラストバンク
マーケティング戦略室 室長
2009年、株式会社オウケイウェイヴ入社。同社のマーケティング本部マネージャーとして、ソーシャルメディアを中心としたプロモーション戦略を展開。2015年、株式会社ディー・エヌ・エーに入社し、アプリゲームユーザー向けのコミュニティマネージメントおよびプロモーション施策実行を担う。2017年3月、約3,000億円のふるさと納税市場におけるリーディングカンパニーである株式会社トラストバンクに参画。約200万を超える会員数を有する、ふるさと納税総合サイト「ふるさとチョイス」事業の会員向けマーケティング戦略策定のほか、プロモーション企画立案や実行、市場分析等を管轄。
福嶋 隆宏
埼玉県深谷市役所
産業振興部産業ブランド推進室 室長補佐
2000年 深谷市役所入庁。その後、生涯学習課、政策推進課、商工振興課、財政課、企画課を経て、現職。ふるさと納税事務には、2015年から従事。2010年高崎経済大学大学院地域政策研究科博士後期課程修了。博士(地域政策学)。専門は、政策評価、公共政策論。
沼澤 賢次
山形県 天童市役所
経済部商工観光課 主査
1980年天童市生まれ。2004年天童市役所に入庁。税務課市民税係、財政課財政係、行財政改革本部事務局、市長公室政策企画係を経て、2015年のふるさと納税制度導入時から担当する。導入1年目に寄附金額7億8千万・全国5位、2年目の2016年には32億・全国3位を記録。EKBりんごの提供や、伝統工芸を活用した将棋駒ストラップの他、人気漫画“3月のライオン”とのコラボレーションなど、他市との差別化を図ったユニークな取組を進める。2018年からは商工観光課に異動し、将棋の同時対局数のギネス記録挑戦担当。
黒瀬 啓介
平戸市役所
財務部企画財政課 企画統計班 主査
1980年平戸市生まれ。平成12年に平戸市役所に入庁。市教委生涯学習課で勤務後、統計担当を経て、広報ひらどを5年間担当し、長崎県広報コンクール5年連続最優秀賞受賞。2008年には平戸市で初めて全国広報コンクール市部の部で6席を受賞。平成24年4月から移住定住推進業務とともにふるさと納税を兼務で担当し、本格参入した平成26年度には全国初の寄附金額10億円突破、そして寄附金額日本一を達成。2016年7月からふるさとチョイスを運営する株式会社トラストバンクへ平戸市初の民間企業への研修派遣として同社へ出向。2018年4月から平戸市役所に戻り、新規事業の高校魅力化PJT及びシティプロモーションに携わっている。

Share
#adtechtokyo

  • Twitterでシェア
  • facebookでシェア
  • LinkedInでシェア