音部 大輔
株式会社 クー・マーケティング・カンパニー
音部 大輔
株式会社 クー・マーケティング・カンパニー
代表取締役

P&Gに17年間在籍し、アリエールやファブリーズなど複数のブランドで市場創造やシェアの回復を実現したのち、US本社チームでイノベーションプロジェクトを主導。帰国後、ダノンジャパン、ユニリーバ・ジャパン、日産自動車、資生堂で、マーケティング担当副社長やCMOとして、複数ブランド群の回復やマーケティング組織構築・強化を指揮。2018年1月より現職。国内外のFMCG、輸送機器、教育、エンターテイメント、広告代理店、マーケティングサービスなどのクライアントにマーケティング組織強化やブランド構築といった”CMOシェアリング”サービスを提供中。博士(経営学 神戸大学)。日本マーケティング学会 理事。著書に『なぜ「戦略」で差がつくのか。』(宣伝会議)、『マーケティングプロフェッショナルの視点』(日経BP)がある。

Started career at P&G Marketing working on Ariel, Febreze, Pampers, etc. In 17 years of service, also worked for a project to drive “Innovation projects” at central team in US HQ. After coming back to Japan, led and built Marketing and Branding organization at Danone Japan (Head of Marketing), Unilever Japan (VP, Marketing), Nissan (Head of Product Marketing) and Shiseido Japan (CMO), which are firms with multiple Brands and various cultural background.
In 2018, established a firm to provide “CMO sharing” service, such as 1) develop Brand/Marketing strategy, 2) guide Innovations and Market Development, 3) build Marketing Orchestration and 4) structure/improve Marketing and Branding Organization, to clients in FMCG, mobility, education, entertainment, advertising and marketing-tech industries.
Author of “Why Strategies Make a Difference” about Marketing Strategy, and “Marketing Professional’s Points of View” about Marketing and Branding.
Director of Japan Marketing Academy

登壇動画

Special thanks

TOP

Share
#adtechtokyo

  • Twitterでシェア
  • facebookでシェア
  • LinkedInでシェア