Array ( [flag] => 1 [day] => 11月28日(木) [time_s] => 11:30 [time_e] => 12:20 [no] => TB7 [ssn_ttl] => テレビとネットの適切な予算配分、共通指標を考える )
浅沼 威行
ライオン株式会社
開発スタッフ

2018年1月~ ヘルス&ホームケア事業本部 薬品事業部(現在も所属)

胃腸薬スクラートブランドの商品開発を担当。

2016年1月~2017年12月 宣伝部 オーラルケア事業担当

・新商品:口臭ケア対応ブランドNONIOの宣伝を担当。ブランドマネジャーと共同で、4つのコンテクスト(生活者・業界・社会・自社の文脈)より機能価値だけではなく、体験価値を抽出。TVCMとtwitter等のデジタルを組み合わせ、目標シェア(3%)の倍以上のシェア(8%)(売上:32億円)を獲得。この結果、「マーケターオブザイヤー2018」でデザイン賞(マーケティングのデザイン)を受賞(日経クロストレンド主催)。 

2012年1月~2015年12月 宣伝部 薬品事業担当

バファリンプレミアムにおいて、Yahoo社が持つ検索データ、Web広告データ、TVCMのGRP、SRIデータを統合し、各宣伝施策の売上げへの貢献度から、宣伝費を最適配分化し、最高シェア8%を獲得した。

参加セッション

11月28日(木)11:30-12:20

[TB7] テレビとネットの適切な予算配分、共通指標を考える

Top