Array ( [flag] => 1 [day] => 11月27日(水) [time_s] => 13:50 [time_e] => 14:40 [no] => DM2 [ssn_ttl] => データは誰のもの?企業がデータ活用の落とし穴に落ちないためには )
マーティン クリストファーS.
マイティハイブ
最高執行責任者

元Yahoo USAのターゲティングオペレーション担当ディレクター、M&A業務担当者

プログラマティックソリューションパートナーであり、世界最大かつ最も急成長しているプログラマティックメディアバイヤーの1つであるMightyHiveの共同創設者兼最高執行責任(COO)。Yahoo! USAを含む14年間で培った豊富な経験を活用して強力なオペレーション及びクライアントサービスを行うチームを築き続けている。

同社では、業務執行統括を担当しながらも、自身の豊富な経験と専門知識でMightyHiveのパートナークライアントがプログラマティックのノウハウやマーケティングの効率性を高め、最大の成果を得ることに寄与している。

また、ファイナンスと会計に専門性があるリーダーとしては、Yahoo!においてChief of Staffとしてのポジション、6億ドルのP/L管理、また2億ドル規模のダイナミッククリエイティブ及びオーディエンスターゲティング広告商品を担当するターゲティングオペレーションディレクターとった主要役職として活躍。

学歴は、リーハイ大学でコンピューターサイエンス学士号を取得後、ペンシルバニア大学のウォートンスクールでMBAを取得。現在S4 Capitalの取締役も兼任して務めている。

参加セッション

11月27日(水)13:50-14:40

[DM2] データは誰のもの?企業がデータ活用の落とし穴に落ちないためには

Top